シャンプーの差

シャンプーの差

美容室と自分の家で使っている
「シャンプーの違い」にいつも気付かされることがあるのではないでしょうか。
でも確実に髪の毛を通してその違いがあることは理解できているはずです。
ここではその違いを少し説明してみましょう。

 

 

私たちがいつも家で使っているシャンプーは
主に「高級アルコール系」に分類されるかもしれません。
つまり歯磨き粉や台所用洗剤、洗濯洗剤と同じ成分が入っているのです。
中にはコストを抑えるために安い洗浄成分しか入っていないものもあります。

 

さらに「界面活性剤」が非常に多く含まれていることがよくあります。
例えばシャンプーの裏に書かれている成分表に
「ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩」とか
「ラウリル硫酸カリウム」などが
書いてあったらまさに界面活性剤が含まれているのです。

 

実はこのような成分は非常に「強く」髪の毛を痛めてしまうことがあります。
美容室のシャンプーは高級な洗浄成分がメインですので界面活性剤は殆どいらないようになっています。
市販のシャンプーの場合、シリコンもかなり入っているかもしれません。
それは界面活性剤でゴワゴワになってしまった髪の毛の手触りをよくするためです。
しかしこれも実は髪の毛にはよくありません。
美容室のシャンプーはこうしたものの代わりにアミノ酸系の成分がより含まれています。
つまり値段は高いのですがより髪の毛に優しく、市販のシャンプーに負けない洗浄力を持っているのです。
ぜひ皆さんもこんな覚えておいてください。