美容師さんが認めない美容師

美容師さんが認めない美容師

どうにかして、自分がこの人と思う美容師さんを見つけたくて、よい美容師さんを見分けるコツってないのかなって、お友達の美容師さんに聞いてみたことがあります。その美容師さんの話だと、髪の毛をカットする前に、当然髪の毛をとかしますよね。

 

 

 

その時に、ぐいぐい引っ張るようにブラッシングするような美容師はよした方がいいといってました。髪の毛が傷んでいて、くし通りの悪い髪の毛でも、はじめに通りやすい部分をとかし、その後に頭が引っ張られないように、毛束をつかみながらブラッシングするというのが通常。

 

 

 

それもできないような美容師は、お客さんのことなど考えていないので、やめた方がいいよって言います。また、見本の雑誌などの切り抜きをもっていったとき、こういう風なイメージにしたいんですが、なりますか?と聞いて、「ハイ、この通りにできますよ」という美容師はよくないということです。

 

 

美容院

まったく同じようになんてなるはずがないし、その人に似合うように、そのイメージに沿って切っていくというのがプロだそうです。