髪の毛の強度

髪の毛の強度

髪の毛の太さって、人によって本当に違いがありますね。私の場合、すごく細いです。細いけれど本数が多いというタイプの髪の毛です。やわらかくこしがないので、パーマをかけるとチリチリになるか、かからないか・・・という厄介な髪の毛です。

 

 

ヘアセット

このように、髪の毛というのは、細い、太い、普通、柔らかい、こしがない、まっすぐ、よじれているなど、いろいろな質があります。通常、普通の髪質を持っている人の髪の毛は、髪の毛1本で、10円玉を10枚くらいは持ち上げることができるといいます。

 

 

 

これくらいの強度があるということは、その髪の毛に痛みがなく、キューティクルも禿げていない状態だと思われます。これにカラーやパーマなどを行うことで、どんどん強度がなくなってしまい、弱い髪の毛になってしまうのです。髪の毛はその髪の毛と同じ導線と同じくらいの強度があるというのが通常だそうです。

 

 

 

私の髪の毛なんて、その強さは全くなさそうだな〜って思ってしまいます。(笑)