美容室の豆知識について

パーマネントの元の意味

「パーマネントはやめましょう」という標語を知っているのは、近現代史が好きな人か、それなりにお歳を重ねた人でしょうか前大戦時の標語ですね。

 

 

 

このパーマネントの略で「パーマ」というわけなのですが、「パーマネント」は「永久、半永久的」」とかそういった意味の言葉になるわけです。

 

 

ヘアセット

美容室、美容院やヘアサロンでかける「パーマ」には本来こんな意味があったわけです。「パーマ」な割にはすぐに効果がなくなるのでは?

 

 

 

という突っ込みも入りそうですが、美容院などで行うパーマは、洗っても効果がなくならないという意味で「パーマ」ということなのです。

 

 

 

昔は、髪にくせをつけるのは髪をぬらして乾かしてつけるという手法でしたので、洗えば元通りです。そのような旧来手法と比較して「パーマネント ウェイブ」という方法で洗っても髪のウェイブが維持されるということで、命名されたようです。