デジタルパーマとは

デジタルパーマとは

実は「デジタルパーマ」というのは登録商標なんです。「デジタルフリー」という機械を使ってかけたパーマのことを「デジタルパーマ」呼べるのです。

 

 

 

これは意外と知らない人が多いみたいです。正式名称は「形状記憶パーマ」と言います。「形状記憶パーマ」より「デジタルパーマ」の名前の方が先行して一気に名前が広がってしまったことによって、「デジタルパーマ」という名前のほうが浸透しているようです。

 

 

美容院

形状記憶パーマというのは、熱の力と薬液の力の両方で髪にウェーブを作る方法です。熱を併用すると、髪の毛が乾いたときに、元の形に戻ろうとする(ロッドで巻いた形)力が強くなるので、だから「形状記憶」と呼ばれるのです。

 

 

 

昔のホットパーマと大きくは変わりません。デジタルで細かい温度調整ができるので、熱すぎるといったこともなく、薬液だけでウェーブを作るコールドパーマより短い時間で施術が終わるというのがいいところです。

 

 

 

仕上がりが軽い感じになるというのも人気の一つです。