ホームカラーとサロンカラーの違い

ホームカラーとサロンカラーの違い

最近では家も手軽に髪を染めることができる「ホームカラー」商品がとても多くなっています。
確かにこれは美容室に行って髪の毛を染める「サロンカラー」よりもかなり安く行うことができますから、
日頃から愛用している方も結構多いのではないでしょうか。
しかしここでは少しその違いに関して考えてみることにしましょう。

 

 

ホームカラーの商品は基本的に一般の人が使っても失敗しない前提で作られています。
それが何を意味するかというと「彩度」が低く、色の表現が非常に弱いのです。
今は色の種類も豊富になっていますが、結局同じような色になってしまうことが多いのです。

 

この点でサロンカラーはやはり表現できる色の種類が圧倒的に多いのではないでしょうか。
経験のある美容師さんが皆さんの希望に合わせて色を作っていきますので
イメージしたものを忠実に再現することができます。

 

またその成分に関しても考えてみるのは良いことです。
ホームカラー剤には「モノエタノールアミン」が入っています。
これは毛髪の内部にアルカリ成分が残りやすく、髪を傷つけてしまうのです。

 

その一方でサロンカラーのアルカリ剤はアンモニアで若干臭いもしますが、
髪には負担の少ないものになっていますこのようなことを考えると
やはりサロンで髪を染めることには確かにメリットがあります。
費用の面を考えるとなかなか定期的には行けないかもしれませんが、
できるだけプロに自分のカラーリングを任せることがヘアービューティーには必要なことなのです。