望みどおりに仕上がっていない場合

望みどおりに仕上がっていない場合

美容室を利用している女性は多いと思いますが、残念ながら自分が求めていた仕上がりを得られなかったという話しは意外と多いように感じます。

 

しかし、そんな時でも慌てず、回避策を講じていけば、だいぶ改善できることもあります。

 

 

 

もちろん、多少違ったかな・・・という程度のものであればそのまま押し通すか自分で少し手を加えるなどといった方法もありますが、これは明らかにスタッフに伝えたイメージとは異なるぞ・・・という場合には、できるだけ早いタイミングでその美容室に問い合わせてみるといった方法が一番安全でしょう。

 

お店のほうとしても、評判に傷がつくことを恐れて申し出に応じてくれるケースが多いと思いますので、とりあえずは穏やかな口調で電話してみるか、あるいは穏やかな内容でお店にメールを送ってみるといった方法をまずは実行してみてください。

 

 

 

ところで、「明らかに伝えたイメージと異なる」というのはどんな場合に相当するのかというと、たとえば、「強めのパーマをかけてほしい」という要望に対して、「ほとんどパーマがかかっていない」というような仕上がりになってしまった場合です。

 

そういう場合には、できるだけ早くお店に一度問い合わせてみたほうがよいと言えます。

 

 

 

ただし、くれぐれも誇大してクレームをつけるクレーマーにだけはならないようにしましょう。

 

できるだけ穏やかに、波風が立たないような問い合わせであれば、お店側も話しを聞いてくれる場合が多いはずです。

 

お互いにとってプラスが大きい選択肢を選択しましょう。